学会発表

2017年
高岸治人(2017)未就学児における他者の協力性の見極め 発達心理学を日本から発信する―若手研究者の挑戦―(日本発達心理学会企画シンポジウム)JMSアステールプラザ 3月27日

高岸治人(2017)オキシトシン受容体遺伝子と向社会的行動の関係 第6回社会神経科学研究会「社会のなりたちを支える内分泌学」生理学研究所 11月24-25日

Seow, A. W., Takagishi H., & Sato, Y. (2017). The Impact of Facilitated Group Experience on Independent Looking Time When Viewing an Artwork. 2017 NAEA National Convention, New York, NY, March 2-4.

Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2017). Amygdala Volume is Associated with Oxytocin Receptor Gene and Attitudinal Trust. The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, San Antonio, TX, January 18-21.

Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2017). Amygdala Volume is Associated with Oxytocin Receptor Gene and Attitudinal Trust. The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference, San Antonio, TX, January 18-21.

Fujii, T., Nishina, K., Matsumoto, Y., Yang, L., Goto, A., Takagishi, H. (2017). Do the stress-inducing images enhance generosity in dictator game? The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference, San Antonio, TX, January 18-21.

2016年
Nishina, k., Takagishi, T., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2016). Arginine vasopressin receptor gene (AVPR1A) is associated with human prosociality. Society for Neuroeconomics, Berlin, Germany, August 28-30.

Fermin, A.S.R., Takagishi, H., Yamagishi, T., Li, Y., Matsumoto, Y., Kanai, R., & Sakagami, M. (2016). Neural substrates of group-based hierarchy and inequity preferences. Society for Neuroeconomics, Berlin, Germany, August 28-30.

Takagishi, H. (2016). Genetic and neural basis of prosocial behavior. 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan. July 24 -29. (Thematic Session: New Advances in the Social Dilemma Research)

Fujii, T., Nishina, K., & Takagishi, H. (2016). Relationship between salivary oxytocin level and generosity in preschoolers. 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan. July 24 -29.

Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2016). Polymorphism of the μ-opioid receptor gene (OPRM1) is associated with guilt in prisoner’s dilemma game. 31st International Congress of Psychology (ICP2016), Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan. July 24 -29.

Takagishi, H., Nishina, K., Inoue-Murayama, M., & Yamagishi, T. (2016). Polymorphism of the Oxytocin Receptor Gene Modulates Behavioral and Attitudinal Trust among Men but Not Women. The 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, San Diego, CA, January 28-30.

Takagishi, H., Koizumi, M., Schug, J., Fujii, T., Nishina, K., Kiyonari, T., Takahashi, T., Kajikawa, S., Iwata, K., & Okada, H. (2016). Preschoolers Can Judge Others’ Altruism From Their Facial Expressions. The 17th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference, San Diego, CA, January 28-30.

藤井貴之・仁科国之・松本良恵・李楊・後藤晶・高岸治人(2016)蜘蛛の絵は独裁者ゲームにおける利他行動を促進するか?日本人間行動進化学会第9回大会 於:金沢市文化ホール 12月10-11日

仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男(2016)サイコパシーの遺伝的基盤:μ-オピオイド受容体遺伝子とオキシトシン受容体遺伝子による検討日本人間行動進化学会第9回大会 於:金沢市文化ホール 12月10-11日

藤井貴之・高岸治人(2016)幼児の規範逸脱行為に関する信念:視線計測による検討 日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 於:九州大学 10月17-9月10日

仁科国之・高岸治人・井上ー村山美保・高橋英彦・山岸俊男(2016)μ−オピオイド受容体遺伝子多型と 囚人のジレンマゲームにおける 罪悪感との関連  日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会 於:九州大学 10月17-9月10日

中村文彦・後藤晶・藤井貴之・Alan Fermin・宮崎淳・高岸治人(2016)不公平分配に対する行動の神経基盤の個人差 日本社会心理学会第57回大会 於:関西学院大学 9月17-11月18日

仁科国之・高岸治人・Alan Fermin・金井良太・井上ー村山美保・高橋英彦・山岸俊男(2016)向社会的行動の遺伝・神経基盤の解明 アルギニンバソプレシン受容体1a遺伝子による検討 日本社会心理学会第57回大会 於:関西学院大学 9月17-11月18日

2015年
Fujii, T., Nishina, K., & Takagishi, H. (2015). No Subliminal Effect of Face Processing on Generosity During the Dictator Game. 11th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology, Cebu City, Philippine, August 19-22.

Nishina, K., Fujii, T., & Takagishi, H. (2015). Social Anxiety Moderates the Effect of Affective-Subliminal Priming in the Ultimatum Game. 11th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology, Cebu City, Philippine, August 19-22.

Fujii, T., & Takagishi, H. (2015). The Relationship Between Fear of Negative Evaluation and Second-order False Belief in Children. The 16th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, LA, February 26-28.

Nishina, K., Takagishi, H., Fujii, T., & Okada, H. (2015). The Effect of Siblings on Selfishness in Preschoolers. The 16th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, LA, February 26-28.

藤井貴之・高岸治人・清成透子・岡田浩之(2015)未就学児における他者の協力性の見極めと唾液中オキシトシン濃度との関連 日本人間行動進化学会第8回大会 於:総合研究大学院大学 12月5-6日

仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男(2015)オキシトシン受容体遺伝子、バソプレシン受容体遺伝子と向社会的行動の関連 日本人間行動進化学会第8回大会 於:総合研究大学院大学 12月5-6日

高岸治人・仁科国之・金井良太・井上-村山美穂・山岸俊男(2015)オキシトシン受容体遺伝子と信頼行動の関連:VBMによる検討 日本社会心理学会第56回大会 於:東京女子大学 10月31-11月1日

藤井貴之・仁科国之・高岸治人(2015)未就学児における内集団びいきと唾液中オキシトシンの関連 日本社会心理学会第56回大会 於:東京女子大学 10月31-11月1日

仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・山岸俊男(2015)オキシトシン受容体遺伝子と向社会性の関連 日本社会心理学会第56回大会 於:東京女子大学 10月31-11月1日

藤井貴之・仁科国之・高岸治人(2015)恐怖表情のサブリミナル呈示が利他行動に及ぼす影響 日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 於:奈良大学 10月11-12日

仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・山岸俊男(2015)オキシトシン受容体遺伝子と信頼行動および一般的信頼の関連 日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 於:奈良大学 10月11-12日

2014年
Fujii, T., Takagishi, H., Okada, H. (2014). The Impact of Direct and Indirect Cues of Monitoring on Pro-social Behavior in Preschool Children. The 15th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Austin, TX, February 13-15.

Koizumi, M., Takagishi, H., Fujii, T., Okada, H. (2014). Four-Year-Old Children can Detect Others' Altruism. The 15th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Austin, TX, February 13-15

高岸治人(2014)養育態度認知と脳形態の関係 日本社会心理学会第55回大会 於:北海道大学 7月26-27日

藤井貴之・高岸治人・岡田浩之(2014)二次の信念理解の発達と評価懸念との関連 日本社会心理学会第55回大会 於:北海道大学 7月26-27日

仁科国之・高岸治人・藤井貴之・岡田浩之(2014)一人っ子は利他的か?:未就学児を対象にした実験 日本社会心理学会第55回大会 於:北海道大学 7月26-27日

2013年
須恵明音・高岸治人・山岸俊男(2013)社交不安傾向と表情認知の関係性について 第6回日本人間行動進化学会 於:広島修道大学 12月7-8日

藤井貴之・高岸治人・岡田浩之(2013)顔の横縦比はプロサッカー選手の成績を予測するか? 第6回日本人間行動進化学会 於:広島修道大学 12月7-8日

渡辺光咲・高岸治人・中村文彦・品田瑞穂・山岸俊男(2013)サイコパス傾向と外見的魅力の関係 第6回日本人間行動進化学会 於:広島修道大学 12月7-8日

須恵明音・高岸治人・山岸俊男(2013)精神症状が表情認知に与える影響 日本社会心理学会第54回大会 於:沖縄国際大学 11月2-3日

藤井貴之・高岸治人・岡田浩之(2013)利他行動における監視の効果:発達研究による検討 日本社会心理学会第54回大会 於:沖縄国際大学 11月2-3日

渡辺光咲・高岸治人・山岸俊男(2013)サイコパス傾向が協力傾向に与える影響 日本社会心理学会第54回大会 於:沖縄国際大学 11月2-3日

新井さくら・清成透子・高岸治人・齋藤慈子・長谷川寿一・山岸俊男(2013)サイコパシー特性はなぜ存在するか:究極要因と至近要因 日本社会心理学会第54回大会 於:沖縄国際大学 11月2-3日


Home