Events
2016

2017年6月13日(論文情報)

PNASへ論文が掲載されました。向社会的行動と意思決定時間の関連を調べた研究です。

Yamagishi, T.*, Matsumoto, Y., Kiyonari, T., Takagishi, H., Li, Y., Kanai, R., Sakagami, M. (2017). Response time in economic games reflects different types of decision conflict for prosocial and proself individuals. Proceedings of National Academy of Sciences U.S.A., 114(24), 6394-6399.
Link

2017年3月27日(国内学会発表)

日本発達心理学会 第28回大会にて高岸が話題提供を行いました。

高岸治人(2017)未就学児における他者の協力性の見極め 発達心理学を日本から発信する―若手研究者の挑戦―(日本発達心理学会企画シンポジウム)JMSアステールプラザ 3月27日

2017年3月2日(国際学会発表)

2017 NAEA National Conventionにて高岸が発表を行いました。

Seow, A. W., Takagishi H., & Sato, Y. (2017). The Impact of Facilitated Group Experience on Independent Looking Time When Viewing an Artwork. 2017 NAEA National Convention, New York, NY, March 2-4.

2017年2月7日(その他)

高岸がScientific ReportsのEditorial board memberになりました。
Link

2017年1月23日(国際学会発表)

SPSP2017にて研究員の藤井貴之君、大学院生の仁科国之君がポスター発表を行いました。

Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2017). Amygdala Volume is Associated with Oxytocin Receptor Gene and Attitudinal Trust. The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, San Antonio, TX, January 18-21.

Nishina, K., Takagishi, H., Inoue-Murayama, M., Takahashi, H., & Yamagishi, T. (2017). Amygdala Volume is Associated with Oxytocin Receptor Gene and Attitudinal Trust. The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference, San Antonio, TX, January 18-21.

Fujii, T., Nishina, K., Matsumoto, Y., Yang, L., Goto, A., Takagishi, H. (2017). Do the stress-inducing images enhance generosity in dictator game? The 18th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology Evolutionary Psychology Preconference, San Antonio, TX, January 18-21.

2017年1月12日(国内研究会発表)

脳と心のメカニズムにて大学院生の仁科国之君がポスター発表を行いました。

仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・山岸俊男(2016)オキシトシン受容体遺伝子、オピオイド受容体遺伝子とサイコパシーの関連 脳と心のメカニズム 第17回冬のワークショップ 於:ルスツリゾート 1月11-13日


Home