About us
研究室について

当研究室では、人々が示す向社会的行動(公正追求行動、互恵行動、信頼行動、罰行動)の生物学的な基盤(遺伝子、脳、ホルモンの働き)を明らかにする研究を行っています。向社会的行動の測定には経済ゲーム(囚人のジレンマゲーム、独裁者ゲーム、信頼ゲーム、最後通牒ゲームなど)を用いています。

メンバーについて

現在は3名の研究員、1名の大学院生(博士課程1名)と一緒に研究を進めています。また玉川大学の坂上雅道教授、岡田浩之教授、松田哲也教授とも連携して研究を進めています。


大学院への進学について

当研究室では大学院生(玉川大学大学院脳科学研究科修士課程)を募集しています。


Home